CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< メガネ男子&BOSTON CLUB | main | 本日の眼鏡女子&新作gosh入荷 >>
本日のメガネ女子&展示会

 

 

本日のメガネ女子 

 

メイちゃん。

 

今回選んでくれたメガネは gosh

前回は、メタルだったのが、セルに大きくイメージチェンジ!

 

「祭りに新しいメガネを掛けて行く」と、仕上がりを心待ちに

してくれていました。

 

 

テンプル部のカラーがとてもきれいですね。

祭りで歪んだりしていませんか?

ゆがんだりした時は、いつでも来てくださいね。 

 

お待ちしています!

 

この度は、どうもありがとうございました。
 

 

 

 

 

10月5日、東京へ展示会に行ってきました。

天気予報通り、台風が接近しており、あいにくの曇天です。

今回も日帰り東京、朝一の飛行機で帰りは最終便!

 

くたくたですが翌日休むと5連休、、、

 

それだけは避けなければ冷や汗

ただ、帰りの飛行機が、、、

 

私の1便前が台風ですでに欠航確定やばい

 

何とか私の便は条件付きでしたが飛びましたほっ

 

まずは、ボストンクラブでジャポニスム!

クラシックからスタイリッシュフレームまで色々仕入れて来ました!

 

JN-590

今回のイチオシフレーム!

変な方向にテンプルが折れ曲がっていますが

 

勿論歪んでいません!

 

通常と回転軸の角度が違う丁番を使用しているみたいです。

レンズを保護する新しい構造のシールドテンプル。

こちらのフレームは、いろんな雑誌等に

多数掲載されている商品です。


BCPC

カラフルで華やかなフレームからスタイルシリーズ

そして、、、前回大変人気があったキッズモデルも

しっかり仕入れて来ました!!

 

 

上:BP-3213

セルロイドの特徴を生かし、極限まで細く仕上げ

優しいオーバルのフロントシェイプで

優しさの中にも女性らしいコロンとした表情を持たせています。

 

下:BP-3210

ヨロイにはβチタン、テンプル芯にはチタンを採用し

強度と弾力性に軽さも備わったアイテムです。

テンプルカラーはシックな色合いでまとめ

立体感と程よい個性を出しつつ

カジュアル過ぎない濃淡カラーで仕上げています。

 

BP-3209

クラシカルになりがちなデザインを

女の子らしい形にした細身なモデルです。

金属の硬いイメージを和らげる

ナチュラルな色味でコーティングし

ありそうでなかった女性らしい

コンビネーションフレームに仕上がっています。

 

 

他にも、MUGUET、BOSTON CLUBもしっかり仕入れております。

入荷は、11月〜12月頃を予定しております。

入荷次第UPしていきますのでお楽しみに。

 

 

 

久しぶりのセット商品ご紹介です!

 

良質なフレームで、すべて薄型レンズ付です。

今回入荷した商品は全て¥15,980と

お買い得な商品をご紹介します。                               

流行のウエリントン、ボストン、ブローの

セルフレームが入荷しました!!

 

CL-36 C-1

作りは、ブラックとアンティークゴールドの

コンビネーションフレームで落ち着いた

大人な雰囲気を演出してくれます。

 

テンプルにはクラシカルで高級感のある丁番を採用しています。

 

PS-118 C-4

ボストン型のコンビネーションフレームで

ブルーとデミブラウンの生地がとてもオシャレです!!

 

PS-138 C-3

透明感の有る生地を使用し

グレーパープル〜イエローブラウンのグラデーションが

単色では表現できない柔らかさとお洒落さをUP⤴してくれます。

 

FL-503 C-2

メタルとセルのコンビフレームでクラッシック過ぎず

ビジネスシーンでも合わせやすいスタイルのフレームです。

 

PS-131 C-1

パープル、イエロー、グレーの生地が特徴で

有りがちなデミ生地だと少し暗くなってしまう、

そういう方にオススメ、綺麗な生地ですよ!!

 

 

今回は以上です。

 

 

10月上旬は休みが多く皆様方には

大変ご迷惑をおかけ致しまして

申し訳ございませんでした。

 

今後は通常通り木曜定休になりますので

宜しくお願い致します。

 

| other | 20:07 | comments(0) | - |
コメント
コメントする